CSR

東日本大震災を契機に、ハートは新たなCSR活動を開始。

被災地再生への願いをこめ、支援活動を行ないました。

2011年3月11日の東日本大震災は、かつてない規模の甚大な被害を東北地方にもたらしました。津波が容赦なく農地を襲って田畑に塩害を残し、住宅を流しさり、生活基盤が破壊されました。さらに福島県では、放射能の飛散による直接的被害と風評被害という二重の被害が農家や住民を苦しめています。
これらの被害は、株式会社ハート製品をご愛用いただいている多くの農家にも及びました。震災の被害が、地球環境や地域社会に影響を与えるという事実を目の前にして、ハートは行動を起こすべきだと考え、ハートらしく、できることから一歩ずつCSR活動を開始しました。

被災地の復興支援を願って義援金を。

福島第一原子力発電所の事故により会社ごと避難せざるを得なかった南相馬市のお取引先様に対し復興支援金を寄付させていただきました。
福島第一原子力発電所の事故により放射能汚染が憂慮されるエリア(東京近郊のホットスポット)に居住の従業員とその家族の健康を考え、住宅取得や移転の一部費用を援助支援いたしました。

福島の農家に軽トラックの購入資金を。

放射能汚染により車両の持ち出しが出来なかった農家のために、避難先での事業再開や復興に不可欠な車両の新規購入資金を提供させていただきました。

Copyright (C) 2008 heart Co,Ltd. All Rights Reserved,